新樹造園からのお知らせ

新樹造園のサービス一覧

設計

施工

管理

新着情報

会社概要

お問合せ

”庭”は施主様のものです。施主様のご要望と夢を叶える、お手伝いをさせて頂きます。 豊かな経験を生かし、高い技術で時代に合った表現で、センスある快適な景観を造ります。 「誠意と創意】を信条に、お客様のご相談に応え、期待を上回る仕上がりをお約束します。

苔と地被

苔と芝など地被の大切さ!

土がむき出しもままでは雑草が広がり易く、種も全て芽を出します。

地被の植物を植えても雑草は芽を出しますが、地中からの発芽はかなり抑えられます。

更に風雨で土が流れ、くぼみや不規則な溝の発生など景観と用に不具合が・・・。

 

 

地被とは地面を覆う事、緑で覆う場合の植物を地被植物と言います。

 

芝の施工費は安上がりですが、綺麗に保つにはそれなりの管理費が必要です!

 

 

敷き砂利、敷石も地被です!植物以外で覆う方法も色々あります。

左の敷石は高価ですが景色になります。敷き砂利は種類に依りますが比較的安価。

 

 

日本庭園の地被は苔です。栽培され市場で流通している主な苔はオオスギゴケです。

 

木漏れ日を作ることと、殺菌剤の散布、様々な種類の草取りが大切です。

 

芝の管理は殺虫剤・殺菌剤・除草剤の散布と刈り込み、施肥の繰り返しです。

 

最初の内はできますが、長く続けて管理することは難しいものです。管理委託が賢明です。

 

 

ヒペリカムカリシナム          タマリュウ

 

コグマザサ、イカリソウ、シランなど混植の地被     カリシナム

スギナなど雑草は地上に出た緑の部分を、絶えずむしり取ることで衰弱します。

光合成をすることで繁殖しますから、絶対に地上で呼吸させない!こんな気構えで

ある期間これを徹底すれば、スギナと言えども絶やせます。

 ヘデラ・カナリエンシス

 

シノブゴケ

 

敷き砂利や敷石も地被の一種です。

 

草むしりの面積を減らして美しい景色を作る!管理上は当然の事です。

昔からの方法なのですが、この景色は背景の雄大な緑があればこそです。

 

 

防草土舗装・スーパーガンコマサ

透水性で防草です。施工直後ですが、土色が庭に合います。

草取りの面積をかなり減らせます。

白砂、黒砂利、錆び砂利、様々あり、シンプルでポイントが定まります。

写真は利賀砂利(青黒)南砺市広安 H/M邸

 

南砺市広安 H/M邸

コグマザサも掃除と適期の刈り込みで、こんなに爽やかな地被となります。

同邸

奥の地苔、手前のヤブコウジ共、木漏れ日の状態と掃き掃除が最適で、これ以外の育て方はありません。

 

 

射水市小杉 A/I邸

杉苔と下草類

射水市小杉 A/I邸

塀外の上段、ヒメウツギ、下段、コグマザサ。しばらくは雑草を徹底して抜きます。

スズランも放任しないで秋に刈り取ると美しく育ちます。

射水市片口 I/B邸  

ナルコユリとシラン。広い庭にはこんな地被も美しく見えます。

 

射水市新片町 M/I邸

コグマザサ。毎年刈り込む事で、美しく密度濃くなります

高岡市井口本江 M/K邸   タマリュウ

スギナなど雑草は地上に出た緑の部分を、絶えずむしり取ることで衰弱します。

光合成をすることで繁殖しますから、絶対に地上で呼吸させない!こんな気構えで

ある期間これを徹底すれば、スギナと言えども絶やせます。

スギナ何は度もむしり取る事で、徐々に葉が細くなり始めます。

絶滅までもうひと踏ん張りです。

高岡市姫野 N/I邸  

 ヒメウツギも花後刈り込むと密度が高くなります。

射水市片口 I/B邸

竹薮の地被は笹が管理上も便利です。竹の肥料は竹の葉が一番なので、掃き清めなければならない状況は・・・・。

 

高岡市姫野 N/I邸

ヤブコウジは半日蔭や木漏れ日の下では繁殖します。この程度の植え方で5年後には倍になります。

 

 

射水市宮袋 Y/N邸

自然に苔の生える環境こそ大切です。”木漏れ日と掃除”これだけです。

 

地被とは地面を被う事です。

土の剥き出したのを緑で覆う、これが地被植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1
新樹造園
ホームへ
新樹造園のサービス一覧
設計
施工
管理
写真で見る施工実績
住まいの庭・和風
住まいの庭・洋風
雑木の植栽と現代の庭
竹垣・袖垣と生垣
苔と地被
飛び石と延段
門と塀
滝と池と流れ
アプローチの敷石
石積み・石組
オブジェと灯篭
パーキングスペースの景
屋敷林の維持と剪定
街路樹と公園
NPO南砺の山々を守ろう
会社概要
お問合せ
リンク集
スタッフブログ

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS