新樹造園からのお知らせ

新樹造園のサービス一覧

設計

施工

管理

新着情報

会社概要

お問合せ

”庭”は施主様のものです。施主様のご要望と夢を叶える、お手伝いをさせて頂きます。 豊かな経験を生かし、高い技術で時代に合った表現で、センスある快適な景観を造ります。 「誠意と創意】を信条に、お客様のご相談に応え、期待を上回る仕上がりをお約束します。

雑木の庭

雑木の庭
現代住まいの庭は”雑木の庭”が主流になっています。
植えられる木々は”雑木”と呼ばれる木が多く、刈り込まれた庭木は植えません。
 
近年は玉物や段作りを最初から植える事は先ずありません。
しかし剪定のつもりが刈り込みになり、結果段作りになってしまう例は発生します。
    
植えた木々が大きくなってきたら、元から抜ける株立ちの樹木が便利です。
  
近年植えられる樹木は「株立ち」多い。
それぞれの庭木のボリュームを維持調整しやすく、全体の景観も保たれ易い利点があります。
刈り込みの無い爽やかな木々、透かし剪定の技術が求められます。
射水市小杉 A/I邸
庭を造る意図は様々です。
山奥で見た深山幽谷の景を自宅の居間や座敷で味わいたい。
生まれ故郷の懐かしい山や川の景色を再現して心を休めたい!
射水市小杉 Y/K邸
自然の林の中の風景を切り取りしたものから、石組みや流れの景色に沿わせたものまで。
高岡市石瀬 M/I邸
木漏れ日のあたる広々とした空間が爽やかなのです。下草の美しさが目を引きます。
射水市片口 I/B邸
斜面を生かした植栽が雑木の柔らかな感じを引き出します。
緑陰は快適な環境をイメージし、樹下の草花をやさしく育ててくれます。
夏の日差しを和らげ、周囲を冷やしてくれる木々の葉は、それ自体の
美しさと共に環境全体を良い状態に変えてくれます。
雑木を植えたから”雑木の庭”が完成したというものではありません。
自然の植生を考え、根元の曲がり具合などに注意して植えなければ風情は出ません。
透かし剪定を心がけ、下草を育み、枝先が風に揺れる風情を楽しみましょう。
南砺市井波 K/M邸
植栽地盤に山坂を作り、穏やかな稜線や起伏に植栽する。
表面排水も良くなり、景色も良くなります。
高岡市金屋町 北陸予防医学3F
富山市向新庄 S/A邸
玄関口が直接見えないように、御簾垣と共にヤマボウシの株立ちを植え、ソヨゴ、カクレミノを添えます。
既存の材料をベースにアプローチも野趣的に。

第13回 南砺の山々を守る植樹祭

第13回 南砺の山々を守る植樹祭
平成29年4月29日"2017"(昭和の日)AM:11:00〜12:30
”南砺の山々を守る植樹祭”340人の受付を頂き好評の内に無事終わりました。
   
心配した天気も開会式前後は影のできる好天! 来賓席も満席のイベントです。
 
植樹作業中も天気の心配は無く、爽やかな風の中1人2本は植えました。
 
ヘキサチューブ(保護材)を掛け、雑草や動物の食害から守ります。
 
田中市長、山辺県議、山本RC会長は桜も植樹
 
ヘキサチューブの効能を随時掲載します。
南砺市小院瀬見(福光)里山体育館、南砺市射撃場付近で行います。
当日の送迎は福野東部公民館、南砺市内ガールスカウト各団の皆さんを中心に
以下の通りマイクロバスを配車します。
詳細は0763-22-4131へお問い合わせください。
々羲屐10:00福野東部公民館前ー10:05JR福野駅前ー里山着10:45
号車 10:00井波文化会館10:00−10:25城端駅前ー里山着10:45
9羲屐         10:15福光駅前ー---------里山着10:45

 

 

 

 

 

 




 

平成29年 南砺の山々を守る植樹祭 会費・募金・協賛金

 

募金をお振込み頂く場合は北陸銀行福野支店(223)5041870

又は、砺波信用金庫本店 (001)9032993へお願いします。

平成29年5月19日現在123人の個人・法人・団体の

他、無記名の大勢の皆様から 

661,315 円を頂きました。
心より御礼を申し上げます
安達建設10、 アーバングリーン越州5、 安達立典3、 荒井 進、 安達 崇、 朝倉博明、
安達 功2、
石沢商事20、 石崎和三、 石崎良一、
浦田 輝、 内山久子、 植豊園2、 植 正、
江田博史、

太田行隆5、 長田正勝、 尾山裕和、 岡部一輝、 奥野一夫、 尾川造園、
大川繁樹5、 太田佳史、
河合洋子5、 川辺邦明20、 加越商事蝪機 川合声一、 片岸造園10、 川合勝敏、
加藤久美江、 川口正成、 川原忠史、
北山慎也、 北島芳信、 久恵龍之、 木村伊徳、 木戸武典、

岸外起雄、

北日本新聞社100、
小西 勝2、 江 章雄、 越路ガーデン2、
坂井彦就2、 齋藤 彰2、 サカタニ造園土木20、 澤田造園10、 西能哲郎、 三角信行2、
才川造園土木20、 澤田喜朗、 西東正明、 佐竹珠紀、 齊藤文治、 齊藤美華子、
桜が池造園15、
新樹造園30、 正川哲也、 城道徹司、 芝井 広
砂土居造園、
税光信作、
高瀬顕正4、 高田造園土木20、 高田喜一2、 棚瀬ヒロキ、 高畠泰輔、 竹中慎二10、

 

寺島克徳2、

庭日苑、

得永忠雄2、 砺波林業協会50、 得永武司、 螢肇淵潺哀蝓璽10、

東部公民館10、

中島眞市3、 南砺RC10、 永井利憲、 中島智恵子、 中田 修、 中井造園、
南砺市職員有志20、 中嶋勝彦5、
西坂緑郎、 日本海園芸10、 丹羽一男、
長谷川吉美2、 林 正一、 林 廣治、
桧原やよい2、 東となみRC10、 日の出屋製菓2、 肥田鉄也、 広瀬正也20、
福光石工20、 舩藤幸生、 古瀬喜八郎、 船本誠和、 古軸裕一、 福光緑化苑10.
松村 寿、 牧 千収、
三谷貴志夫2、 三輪和之、 宮窪大作、 水口造園20、 水野 誠、
宗景造園5、 室矢千秋5、
本折正紀、 桃野忠義30、 森田泰将、 森松良和、
山本武夫6、 山田邦明、 山田俊美、 山崎 宏、

 

米田 聡
他 硬貨で 6,315円を頂きました。

 

13年目を迎える植樹祭!
4月24日(月)一日では完了しなかったものの80%は整備しました。
 
機械の威力が無ければこの場所の整備もできないでしょう。
  
ニセアカシヤを中心に、伐採と粉砕で里山の景色が甦りました。
 
コナラ、ミズナラが太陽を浴びてスクスク育つように整備しました。
4月19日(水)17:30〜現地にて実行委員会を開催し、手配など確認を行います。
委員各位のご参集をお願いします。
植樹場所の選定は重要です。駐車場、水、トイレ、安全など・・・・。
 
19日現地確認後、24日に植樹場所の下刈りなどの整備を行います。
 
1月8日現地確認、川辺邦明副会長、水口、河合理事、他10名が検討会。
 
前日火入れをした炭窯が煙を出しています。炭の需要が割とあります。
今年も”南砺の山々を守る植樹祭”宜しくお願いします

NPO南砺の山々を守ろう

第13回 南砺の山々を守る植樹祭
第12回 南砺の山々を守る植樹祭
平成28年4月29日(昭和の日)
今年も皆様のご支援を頂き、南砺の山々を守る植樹祭が開催できました。感謝申し上げます。
南砺市・北日本新聞社の八起杯ゴルフコンペが今年も開催されました。
チャリティー募金の64,200円に協会からの御厚志を加えて70,000円の募金を頂きました。
出場者の皆様、協会の皆様、ありがとうございます。
表彰状と目録
平成28年7月21日、東京コープビルに於いて、全国森林病害虫防除協会から活動優良事例の会長賞を頂きました。
授賞式には、会長 桃野忠義、副会長 川辺邦明、理事 才川昌一の3名が出席しました。
平成28年6月14日 北陸税理士会から北陸3県の各地域でボランティア活動を続けている
団体に対し助成金を贈る活動をされています。      本年度は当NPOが選ばれました。
ありがたいことです。北陸税理士会の皆様に心から感謝申し上げます。
授与式は富山クラウンプラザホテル、会長 桃野忠義、 理事 高田敏充が出席しました。
第12回 南砺の山々を守る植樹祭
平成28年4月29日  南砺市井波閑乗寺

4月23日、草刈りと清掃から始め、傾斜の強い場所には階段や足掛けをつくりました。

進入路を拡張し、階段を整備して一応防護柵も作りました。
4月29日小雨の合間をぬって、 第12回 NPO南砺の山々を守る植樹祭が開催されました。


これまでのコナラに変わって赤松の苗を植えます。この付近ではマツクイムシ被害で大量の赤松が枯れています。
急斜面で立ち枯れた赤松は皮がめくれ、枝や幹が風で落下するなど人が近づけない場所も多く、始末に難儀します。

ゲレンデ際の緩衝地帯ですが、雑草と灌木類を刈り取り赤松500本を植樹しました。

来年の全国植樹祭のPRやプレイベントの広告に来場された「とやま水と緑の大使」さま。

ガールスカウトの皆さんは学習会後に植樹し、終了後も炭などを使って自然の中で活動をされました。
なぜ山に植樹するのか?皆で考えてみましょう!

 

大坪一家も小雨の中元気に参加して下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 




 

平成28年 南砺の山々を守る植樹祭 会費・募金・協賛金

平成28年8月30日現在 

931,896 円を頂きました。
心より御礼を申し上げます
荒井 進、 朝倉博明2、 安達 功2、 安達立展2、 安達卓介、 安達正彦2、
安達 崇、
岩滝孝順5、 岩滝純一、 石和三、 石沢商事20、
浦田 輝、 梅基 樹、 上坂真由美、 内山久子、
江田博史、
岡部一輝、 長田正勝、 奥野一夫、 大坪 均、
片岸造園10、 片岸 博、 河合洋子5、 川辺邦明12、 片岸幸子、 川合勝敏、
川原忠史 加藤久美江、
北島芳信、 久恵龍三、 木村伊徳、 北山慎也、
小西 勝2、
桜ヶ池造園10、 三角信行3、 斉藤 彰3、 澤田喜朗、 榊 祐人、 才川昌一、
才川造園土木30、 澤田造園5、 澤田大輔5、 西能哲郎、 西東寛敏、 西東正明、
サカタニ造園土木20、 澤田一雄、
新樹造園30、 島田勝由10、 芝井 広、 正川哲也、 柴田 巧、 柴田芳雄、
砂田芳明、
脊戸川義之、 税光信作、
高田造園土木10、 高橋喜良、 高田喜一、 高瀬顕正2、 谷口繁廉、 高畠泰輔、
棚瀬博樹、 武田興産10、

武田益夫5、

武田秀和5、 武田増美、 竹山貴繕、
辻 直幸、 辻倉昭裕、
トナミグリーン10、 得永武司、 豊川  覚

砺波林業協会50、

(平成27年分)

南砺ロータリーC10、 中田 修11、 中島眞市3、 長井久美子2、 中井 隆、 中島智恵子、
永井利憲、
日本海園芸10、 西中豊昭、 西尾倫顕、 西坂緑郎、
林 正一、 原 武司、
日の出屋本店、 廣瀬正也20、 桧原やよい3、 廣瀬美紀、 肥田鉄也、 東となみRC10,
古軸裕一、 古瀬喜八郎、 福光石工20、 藤田洋一、 船本誠和、
福野東部公民館10、
北陸税理士会300、
松村 寿、 松本敏博、 牧 千収、 前川英進、 前山 浩、
水口造園30、 宮川造園10、 三谷貴志夫3、 溝口孝之、 水野 誠、 三吉外男、
宮窪大作、
宗景造園10、 室矢千秋5、 村田雄輔、 村上紀道、 宗景 昭、
桃野忠義30、 森松 亮、 本折正紀2、
八乙女風神太鼓10 山本武夫5、 山本裕美子5、 山本勝徳、 山田邦明、 山崎 宏、
山辺美嗣、 山田俊美、 山口幸一、

八起き杯募金70、

湯浅、
吉田 勉、 横山豊介、 横山 幹2、 米田 聡、
匿名、無名小銭募金合計 4,896円 ¥848,896

版画の年賀状

お正月気分はそろそろ抜くとしても、頂いた年賀状で残しておきたいものが毎年数枚あります。

残しておきたい版画の賀状

 

河合耕一、自作の賀状

手元にある賀状は最高の出来とは言えない物が残りますが、大切な作品です。

線彫りで同じ版を色を変えて2度刷り、油性なので乾きが遅いです。

左下の仙人は水性絵具で一度刷りですが、文字に金のポスタカラーを掛けました。

出来るだけ版刷りを1回で済ませながらメバエノする物をと考えます。

要するに手抜き!

500枚程度を油性の版画絵具で刷った時代20代後半。

 

お正月は赤色系が暖かで感じが良いようです。

それでも赤の単色では寂しくて、複雑な中間色やグラデーションを多用しました。

版画の賀状は小学生の時からやりましたが、残っているのは高校時代からの物です。

手元に残るものは良い物は残りません、良く出来たものは解ってくれる人に差し上げたいものです。

風神も牛車も傑作の一つです。

  

子供が小さかった頃は漫画的な図案も作りました。

文字もできれば一度に刷りたいのですが・・・。

 

  

 

以下は昔から頂いた大切な賀状です。

その中から特に選んだ優秀作をご紹介します。

 

  

干し柿を吊るす夫婦の所作がとてもほほえましく大好きな賀状です。

  

 

 

龍をデザイン化しグラデーションで虹を表した作品、丹羽武雄・作

 

  

福野高校美術部の講師は当時、画家の川辺外治師でした。教わりました。

 

彫刻家・辻 志郎師も美術クラブの顧問講師として指導を頂きました。(左不動明王)

 

左は羊が白く版画で刷られていますが今は見えにくいです。河合龍生・作

 

 

象形文字の鳥は楽しくて大好きな作品です。故河合孝昌・作 

 

従兄のこれらの作品に刺激を受けて、私も版画に凝って競争しました。故河合孝昌・作

 

  

元南砺市教育長・梧桐角也氏の作品

 

小学校6年の担任教師で中学生時代の美術の先生、岡田 弘師の作品。

 

パソコンとプリンターの発達と普及が進み、版画どころかあて名も活字の時代です。

そんな中版画の賀状を頂くとジックリ見つめてしまいます。

 

 

簡単な物でいいから賀状は版画にしたいですね〜。

 

 

 

 ”美しくより楽しく”賀状は心が大切です。

飛び石と延段

飛び石と延段
苔の上を歩くと苔が痛みます。土の上を歩くと靴が汚れます。雨の日はなお更。
川原や岩場などで天端の平らな石を見つけて、それを運んでは飛び石として伏せます。
飛び石は当然のように質や色も、大きさもまちまち、それが庭の景色なのです。
飛び石は実用も景色も兼ねています。歩き易さと美しさ!
どちらも大切で、悩む場面も多いのです。
実際は決して簡単ではありません。裏側が機械で切った物は寂しすぎます。


射水市片口 I/B邸
用と景の比率などプロとなると悩むものです。


南砺市福野 喜知屋
古い時代の飛び石の景、丸い石は伽藍石。


高岡市野村 Y/A邸
選び抜かれた小振りの滝石。狭い庭には小振りの水慣れした石が似合います。


南砺市柴田屋 S/F邸 躙り口
踏み石のなで肩と漆喰風の土間のなで肩、共通の美しさです。


南砺市専勝寺 H/O邸
多少丸みが強くても、自然石の品の良さは加工品に負けません。


射水市宮袋 Y/N邸
 
関守石や止石と呼ばれ、この先ご遠慮くださいの意味があります。
三叉路などで道順を示して、こちらには行かないで下さいと置くものです。
またいで通る事の無いようにしましょう。
  
黒縄が均等に掛かり、安定した形の石!となると、有りそうで無い。
 


延 段
切り石や小石を歩き易く敷き詰め、飛び石ばかりの景色に変化を付けます。
 
射水市片口 I/B邸       高岡市石瀬 S/T邸
鞍馬石の組み合わせで面白い景色ができました。丹波石の組み合わせで自然の直線美しいものです。

射水市片口 I/B邸
角の鋭くない丸みのある石は優しい感じ。三叉路が穴にならないよう、水も溜める山目地でメリハリ付けます。


南砺市福野 Y/I邸
苔目地が一番美しいのです!


南砺市柴田屋 S/F邸
自然石飛び石の輪郭に、直線のラインが逆に息抜きになります。


南砺市苗島 O/O邸
古いミカゲ板石と、何という事の無い小石、この取り合わせが美しいのです。


高岡市石瀬 M/I邸
長い距離の延段は、息詰まるような厳格な目地ではなくラフな感じで!


射水市片口 I/B邸
揃った大きさではない、大小の石を使うことがポイントです。

射水市小杉 A/I邸
安曇川黒砂利に同系の黒の飛び石、延段の古い切り石が・・・
南砺市広安 M/M邸
利賀砂利の中の諏訪鉄平大判、広い庭には大判の飛び石で。

 
高岡市石瀬 M/I邸
軒内の渡りは特に足元に目が行きます。洗練された美が求められます。
南砺市苗島 O/O邸
南砺市福野 T/U邸

踏み石(下駄脱ぎ)と軒下雨落ち(犬走り)

踏み石(下駄脱ぎ)と軒下(犬走り)
                                         
 
建築の屋根の出幅に見合った軒下土間”犬走り”があると、建物の姿が安定して見えます。
 茶室や座敷、縁側などからの出入りには踏み石”下駄脱ぎ”が必要です。


       
    
  高岡市 あさひ苑茶室水屋口 土間仕上げ工事
 建物の縁先、廊下、座敷などから庭に出入りするには天端の平らな踏み石が必要です。履物を置いたり
段差を考慮して、昇降しやすくするための踏み段の役割をします。
 自然石の平らで姿の良い物が少なくなりました。
 ここに掲載した物は踏み石の逸品です。      
  
高岡市あさひ苑    貴人口の小矢部石(左     )水屋口の滝石(右)
漆喰風、洗い出しは落ち着いた仕上がりの、軒下の仕上方法です。
  
  

洗い終わった状態ではこの色です。
乾くと最初は白くなりますが、2年ほどで落ち着いた色に変化します。
南砺市柴田屋 S/F邸 躙り口、小矢部真黒石   
なで肩の土間は手造り感が温かく、柔らかで落ち着きがあります。 
    
高岡市 M・K邸 滝石(加賀藩お目付役横山家より贈)        高岡市 M・I邸 本鞍馬石
    加賀藩の姫に贈られた名石!芸のある瀧石。      二段の刀掛石も探しても急には・・
 
砺波市石丸 Y/K邸          高岡市井口本江 M/K邸    
            
   
 射水市 Y/N 邸 滝石         射水市片口 I/B邸 木曽ミカゲ         
  
射水市  Y/N邸 小矢部石         
この写真は、TV・和風総本家で”下駄脱ぎ”として紹介されました。       
 自然石形状の踏み石は貴重です。形や色で庭や建築に似合った物を選びます。
絶対数が減って来た今日、かなりの我慢も強いられまが、古い物も出回わっています。
高岡市中曽根 Z/I邸
軒下の泥はね防止はこうした方法でも出来ます。
 
南砺市苗島 O/O/邸
庇より犬走りが狭いので泥はねが起きます。排水枡を利用して木端石下の暗渠で排水。
雨樋は掛けられてありますが、その裏側から水滴が落ちます。

 
射水市小杉 A/I邸  
 庇に合った軒下犬走りは雨樋の裏の水滴を溝で受けます。泥はねを防ぎ、建物が安定して見えます。
      
   

  射水市 Y.N邸 
    軒内の漆喰部分があってこそ屋根庇の出とのバランスがとれて、建物の安定感が増します。
    見た目の美しさと共に水はけを良くして、歩行にも便利です。

  
縁石付きの石貼りと自然石を敷き並べた軒下。真と草
 
自然石の踏み石は貴重です。
 
軒下の園路は犬走りを兼用。
色調が周囲と同様の物や変化したもの、いろいろその場所に応じてです。
 
南砺市苗島 H/T邸 姫川石
高床の建物からは、3段ほどで降ります。  

 
射水市本町 A/I邸
木曽石貼りは腰痛の敵ですが・・・
射水市広上 M/M邸
モダン茶室の外の濡れ縁、縁先手水、踏み石、園路の濃い景色
  
射水市片口 I/B邸
四阿(あずまや)腰掛待合の土間と雨落ち溝。この建築ですと雨樋は不要。

施工実績

サービス一覧

設計

作業前の玄関と庭

完成予想のパーツ

土間舗装前のほぼ完成

平面図とパーツ(鳥瞰図)と「誠意と創意」の気持ちが、お客様の迷いと不安を”夢と期待”に変えます。現場で作業にあたる職人は、完成後の景色を共有し、無駄のない作業ができます。臨機応変も起訴の図面があればこそです。

施工

施工のセンスが何より大事なのが、”庭づくり”の現場です。
安全、確実、迅速はプロとしての基本です。”働く”とは人が考えながら動くと書きます。

管理

整枝剪定

剪定は刈込とは違います!
自然樹形を保ちながらに、
形状を維持させる技術です。

病害虫対策

病害虫の駆除は,快適な住まい
に欠か せない作業です。安全で
効果の長い薬あります。

自動潅水・防草・除草

雑草対策と夏の潅水は
大変な作業です。労力を
権限し快適なガーデン
ライフを目指します。

お問合せ

お問合せ

設計

打合せと設計

お客様のいろいろの思いを、会話を通じて汲み取ります。 弊社から持参する写真や雑誌もあれば、お客様自身で気に入られた雑誌を見せて頂くこともあります。 それを見ながら、お好きなイメージを予想し、さらに言葉を交わしながら夢を図面に表します。

庭を作る、木を植える皆様へ、先ず最初の提案とお願い.(設計に当たって)

植物は土壌の質や量で生育が大きく変わります。
基本の土壌が良ければ、種からでも挿し木からでも大きな木に育ちます。
この事を軽んじて、完成した時点の見かけにこだわると、木々は健康に育たず先端から枯れだしたりします。

 健全な地下水脈の流れを確保しないと、植物はイキイキと育ちません。
新たに客土した直後直後は空気も多く含んで水の浸透もスムーズですが、ある年月を経ると土が固く締まり根も伸びきれないほどになります。
最初から排水可能な一番深い高さに暗渠パイプを設置し、パーライトで周囲を埋め上部に古い割竹を敷き詰めます。

それから客土を開始し、更に枝葉の排水と通気を確保します。
植栽時点でバーク堆肥などの土壌改良と、木炭クズやもみ殻燻炭を充分に混ぜて植栽します。


設計に当たっては既存の土壌を検分して、本当の意味での土壌改良をしなければ次の段階には行けないものです。

長年の経験から、この植栽土壌の良し悪しが、以後の樹木の生育の全てに大きく関わります。

新樹造園
ホームへ
新樹造園のサービス一覧
設計
施工
管理
写真で見る施工実績
住まいの庭・和風
住まいの庭・洋風
雑木の植栽と現代の庭
竹垣・袖垣と生垣
苔と地被
飛び石と延段
門と塀
滝と池と流れ
アプローチの敷石
石積み・石組
オブジェと灯篭
パーキングスペースの景
屋敷林の維持と剪定
街路樹と公園
NPO南砺の山々を守ろう
会社概要
お問合せ
リンク集
スタッフブログ

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS